防災演習

防災演習

防災レベルの向上を目指して

当社では、
(1)社員の防災意識を向上させる
(2)当社自衛消防隊の活動レベルを向上させる
(3)消防署との連携を強化する

ことを目的として防災演習を実施しています。
活動は、自衛消防隊が中心に活動を行いますが、役割ごとに6つの係で組織されています。

  • 消防署との連携
  • 防災演習の模様

自衛消防隊組織の各係の役割

自衛消防隊組織

指揮係

各係の全体統括と指示

消火・処理係

初期消火活動

安全防護係

周辺の引火物や車の移動

避難誘導係

避難経路の確保と社員の誘導及び人員の確認

通報連絡係

構内放送による自衛消防隊の招集や避難命令及び消防への通報

救護係

ケガ人の応急処置と病院への搬送

演習に際して、実施担当者は大まかな流れだけを社員に説明し、当日の細かい活動内容は、各係で考え、話し合って決めています。
これは、一番の目的でもある「社員の防災意識を向上させる」のために用いる手法で、演習の回を重ねるごとに、その成果が上がっています。

毎年2回、「火災」と「毒劇物の漏えい」を想定して行っていますが、火災を想定した演習の流れは以下の通りです。

火災(漏洩)発生

自衛消防隊の招集

初期消火や社員の
避難誘導など
(各係の判断で活動)

各係の責任者が
指揮係へ作業完了を
報告

各課に分かれて
反省会を実施

火災を想定した演習の流れ

実施後の反省会で社員から出された意見は、次回の演習に繋がるようその都度改善を行い、演習の精度及び自衛消防隊のレベル向上に努めています。
このほか、粕屋地域で開催されている「屋内消火栓・消火器繰法大会」に毎年参加し、優秀な成績を修めています。
また、粕屋南部地域防災協会 中部消防署にご協力頂き、合同演習や救急救命の講習も行っています。

合同演習の模様

  • 合同演習の模様
  • 合同演習の模様
  • 合同演習の模様

救急救命演習の模様

  • 救急救命演習の模様
  • 救急救命演習の模様

Copyright © 2020 Takasugi Pharmaceutical Co., Ltd. All rights reserved.

このページの上部へ