当社製品の一例

日本薬局方 精製水

日本薬局方精製水
20L バッグインボックス

工業用精製水 ポリ缶

工業用精製水
20kg ポリ缶

蒸留水 バッグインボックス

蒸留水
20kg バッグインボックス

精製水・蒸留水(製品紹介)へ

Q どのような商品がありますか?

当社では、日本薬局方規格の精製水(20L)と工業用精製水(20kg)を製造しています。 また、蒸留水(20kg、10kg)も製造しています。蒸留水については、生菌(細菌)、真菌、大腸菌検査をしています。(滅菌はしていません。)

Q どのようにして作るのですか?

【当社の場合】

日本薬局方精製水 工業用精製水 (ポリ缶,ドラム)
地下水

RO膜処理(1回目)

RO膜処理(2回目)

蒸留

中空糸ろ過

イオン交換

ろ過

充填
地下水

RO膜処理(1回目)

RO膜処理(2回目)

蒸留

中空糸ろ過

充填

※非常に多くの工程を経て、高品質な精製水に仕上がっています。

Q どのような用途がありますか?

日本薬局方精製水は、薬品の溶解水、医療器具の洗浄水、化学分析用水、その他医療用水等に用います。
工業用精製水は、薬品の溶解水、化学分析用水、バッテリー補充液、洗浄水、原料用水等に用います。
※注射液の製造に用いないでください。

Q 日本薬局方規格の水にはどのような種類がありますか?

日本薬局方規格には、「常水」「精製水」「滅菌精製水」「注射用水」があります。製法は下図のようになります。
※当社では精製水(20L)を製造しています。

「常水」「精製水」「滅菌精製水」「注射用水」製法image

Q 日本薬局方 精製水は滅菌処理をしていないようですが、生菌数はどの程度か分析は行なっていますか?

当社では、日本薬局方に定める微生物限度試験をロット毎に行なっており、判定基準に適合したものを出荷しています。

Q JIS K0557(日本工業規格)の水とは何ですか?

JIS K0557で定めた水は、「用水・排水の試験に用いる水」であり、水の種別をA1~A4に分類してあります。(下表参照)
当社の日本薬局方精製水は、ほぼA2クラスに該当します。
詳しくはお尋ねください。

JIS種別 A 1 A 2 A 3 A 4
電気伝導率 mS/m(25℃) ≦0.5 ≦0.1 ≦0.1 ≦0.1
有機体炭素(TOC) mgC/L ≦1 ≦0.5 ≦0.5 ≦0.05
亜鉛 μgZn/L ≦0.5 ≦0.5 ≦0.1 ≦0.1
シリカ μgSiO2/L - ≦50 ≦5 ≦2.5
塩化物イオン μgCl-/L ≦10 ≦2 ≦1 ≦1
硫酸イオン μgSO42-/L ≦10 ≦2 ≦1 ≦1

Q 工業薬品を希釈する際の注意点は何ですか?

アルカリ等薬品は、不純物が多い水で希釈すると、その異物と反応することがあります。又、希釈時に発生する希釈熱で高温になり、大変危険な場合があります。そのため、熱に強い材質の希釈槽を準備するなど、設備対応を行う必要が出てきます。(下欄も是非ご覧ください。)

Q 工業薬品の希釈にはどのような水を使用しているのですか?

当社におきましては、RO膜処理をした純水を使用して酸・アルカリの希釈を行っています。又、万一のための設備対応を行っています。
製品の希釈をご要望の際は何なりとご相談ください。

Q 精製水は飲んでも大丈夫ですか?

飲料用ではありませんので飲まないでください。

<関連ページ>